女性ホルモン

腰部脊柱管狭窄症はマッケンジーエクササイズで治る

腰痛に悩む知人と話をしていたら、先日も腰を痛めたと言っていました。若い頃、椎間板ヘルニアで入院した経験がある方です。年齢的に50歳をすぎているので、腰部脊柱管狭窄症になりはしないかと心配していました。最近、ぎっくり腰を2回やっていて、普段は腰にコルセットをしているとの事です。幅が広めのコルセットで縦に芯が何本か入っている本格的なコルセットです。1万円もするコルセットとのこと。

 

腰痛や腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアのことをいろいろ話しているうちに、腰痛体操の話になり、なにやら「マッケンジーエクササイズ」がよいので、毎日寝る前に行っているとの事。どんな体操かと思い、詳しく聞いてみると、うつ伏せの状態で背骨を反らす体操だそうです。そんなに珍しい体操ではなさそうでした。特別な道具は不要で、柔らかいマットや布団があれば、その上で簡単にできる体操です。

 

本屋で見つけた本「自分で治せる腰痛改善マニュアル」にマッケンジー法のことが詳しく書いてありました。その本の中に腰痛の誤解というコーナーがあり、腰痛に関する間違った知識が載っています。興味深いものに、マッサージや徒手療法、超音波治療などはそれほど、効果がないとのことです。受け身になって、何かをしてもらうだけでは、腰痛は治らないとのこと。自分で治す気持ちが大切なのかもしれません。

 

腰の具合いがよくなく、病院にいこうとするなら、腰部脊柱管狭窄症に詳しいサイトがいいと思います。腰痛、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアは整形外科医が詳しいのでこのサイトの名医を受診するといいのかなと思います。腰痛のすべてが体操で治るとは限らないので、「教えて腰部脊柱管狭窄症」をみてみるといいかも。

女性ホルモンの基礎として、やはり避けては通れないのは、ザ・女性ホルモンとも言うべきエストロゲンというものです。
エストロゲンは、女性の身体にとって、必要不可欠なものだと言われています。

 

例えば、子宮といったものや、卵巣や膣やバストといった生殖器の発育を促す効果を高く持っているということです。
実際にバストアップサプリメントのほとんどが、このエストロゲンの分泌を促す成分で構成されており、小さい胸にコンプレックスがある方などは、このエストロゲンに注目することによって、そのコンプレックスを解消出来るとされています。

 

また、前述に挙げたような生殖器に関して、細菌などからその器官群を守り、健康な状態を保つといったようなことや、妊娠をさせやすくするといった効果もあるため、生殖器関連の病気だったり、不妊治療などの際にも、注目されているものなのです。

 

他にも肌荒れやニキビといった肌のトラブルを防ぎ、女性らしいすべすべ、モチモチ肌を手に入れることが出来るということも、エストロゲンの大きな働きとされているのです。
更に言えば、性格を決定づける要素や、身長の高低、声質などにも影響を与えると言われているものなのです。
女性らしさを保つためには必須の女性ホルモンがエストロゲンなのです。

続きを読む≫ 2015/12/26 20:49:26

女性ホルモンと言っていいのかは微妙な所ですが、フェニルエチルアミンというものが存在します。
これもホルモンの一種なのですが、俗にいう恋愛ホルモンと言われているもので、PEAと略されている名前も有名ですね。

 

このフェニルエチルアミンは、恋愛関係でよくあるどきどきとした感情の昂ぶりをコントロールしているとされているホルモンになります。
恋をすると女はキレイになるといったことが言われていますが、その要因の一つになっているホルモンが、このフェニルエチルアミンなのです。

 

なぜドキドキとすると美しくなるのか。
このフェニルエチルアミンは、美肌をもたらすホルモンとしても知られているのです。
女性の多くが頭を悩ませている便秘。
この解消を行ってくれるのも、このフェニルエチルアミンなのです。

 

近年では腸内環境がニキビや肌荒れなどと深く関わりを持っているとされていますし、便秘になると、肌のトラブルが非常に増えるものではないでしょうか。
このフェニルエチルアミンに注目をし、コントロールすることが出来れば、毎日スッキリ生活を手に入れられ、結果として美肌やクビレなどを手に入れることが出来るのです。
フェニルエチルアミンというホルモンを覚えておきましょう。

続きを読む≫ 2015/12/26 20:48:26

女性ホルモンとして、エストロゲンは肌荒れ対策やニキビ予防といった美容面や、シワや肌のシミ、ハリの対策などのアンチエイジングの効果が期待出来るホルモンとして有名です。

 

そして女性ホルモンには、もう一つプロゲステロンというホルモンが存在しています。
実は、エストロゲンの対になっているホルモンが、このプロゲステロンになるわけですが、エストロゲンが女性に美をもたらしてくれる女性ホルモンならば、プロゲステロンは、逆に女性を醜に導く女性ホルモンと言われているのです。

 

その働きからブサイクホルモンという残念なネーミングで呼んでいる方もいらっしゃるほどなのです。
だとするなら、プロゲステロンを抑制し、エストロゲンの分泌を増大させれば、女性はどんどんと美しくなるのでは?と思う方も少なくないでしょう。
しかし残念ながら、物事はそんな単純なものではないのです。

 

ホルモンについては、よくホルモンバランスが大事と言われている通り、このエストロゲンとプロゲステロンの分泌量のバランスが取れているからこそ、健康的な生活を手に入れることが出来ますし、前述にあるような効果をもたらすことが出来るのです。
また、プロゲステロンは、肌にツヤとハリなどをもたらしてくれる働きもあり、一概に女性をブサイクに変えるものではないのです。

続きを読む≫ 2015/12/26 20:48:26

肌のハリや潤い、更にはシワ対策などで注目されている女性ホルモンですが、女性ホルモンの知っておきたい知識をココでは紹介していきましょう。

 

まず女性にも男性にも、双方に男性ホルモンと女性ホルモンを有しているというのは、ご存知の方は多いと思います。
男性が保有しているから男性ホルモン、女性が保有しているから女性ホルモンと呼ばれているわけではなく、この両方が男女の中にしっかりと存在しているのです。

 

更に言ってしまうと、実は男性ホルモンと呼ばれるものの保有量は、実は男性よりも女性の方の方が、多いといったデータが存在しているのです。
つまり、男性よりも、女性の方が、女性ホルモンはもちろん、男性ホルモンも多く保有しているという事実があるわけですね。

 

男性ホルモンと女性ホルモンは、バランスが大事だとされています。
女性の場合、当然に男性ホルモンよりも女性ホルモンの保有量が多くなっているのが一般的ですが、その分泌量は、女性の生涯を通じても、小さなティースプーン一杯分を満たすかどうかというものなのです。

 

たったこれだけの分泌量しかない女性ホルモンなのですが、これが女性らしさを決定づけたり、美しさの保持や、アンチエイジングに効果があるということは忘れてはいけないことなのです。

続きを読む≫ 2015/12/26 20:46:26

女性ホルモンばかりに注目をしている方が多いのですが、例えば女性ホルモンの代表格であるエストロゲンの分泌量だけを以上に増やしたからといって、美肌を手に入れたれたり、魅力的で美しい女性になれるのかといえば、そうではないのです。

 

ホルモンというものはそもそもが、数多くの種類が存在しており、女性ホルモンには男性ホルモンといったように、それぞれのホルモンに対して、対になるようなタイプのホルモンが存在しているということを覚えておきましょう。

 

例えば、気分を高揚させ、テンションを高くするホルモンがあると同時に、気分を落ち着かせたり、そこまででは飽きたらず憂鬱な気分にさせるようなホルモンが対として存在しているということなのです。

 

この対になるホルモン同士がバランスを取り合い、均衡が保たれているからこそ、美しくなることが出来ますし、健康的な生活を送っていくことが出来るわけですね。
つまりは、女性らしさをもたらしてくれるとされるエストロゲンなどの分泌を促進させても、逆に働きを抑制するタモキシフェンや、同様の女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌量とのバランスが取れていないと、生殖器を中心にトラブルが起こりやすい状態になってしまうのです。

続きを読む≫ 2015/12/26 20:46:26