女性ホルモン

ブサイクホルモンと呼ばれるもの

女性ホルモンとして、エストロゲンは肌荒れ対策やニキビ予防といった美容面や、シワや肌のシミ、ハリの対策などのアンチエイジングの効果が期待出来るホルモンとして有名です。

 

そして女性ホルモンには、もう一つプロゲステロンというホルモンが存在しています。
実は、エストロゲンの対になっているホルモンが、このプロゲステロンになるわけですが、エストロゲンが女性に美をもたらしてくれる女性ホルモンならば、プロゲステロンは、逆に女性を醜に導く女性ホルモンと言われているのです。

 

その働きからブサイクホルモンという残念なネーミングで呼んでいる方もいらっしゃるほどなのです。
だとするなら、プロゲステロンを抑制し、エストロゲンの分泌を増大させれば、女性はどんどんと美しくなるのでは?と思う方も少なくないでしょう。
しかし残念ながら、物事はそんな単純なものではないのです。

 

ホルモンについては、よくホルモンバランスが大事と言われている通り、このエストロゲンとプロゲステロンの分泌量のバランスが取れているからこそ、健康的な生活を手に入れることが出来ますし、前述にあるような効果をもたらすことが出来るのです。
また、プロゲステロンは、肌にツヤとハリなどをもたらしてくれる働きもあり、一概に女性をブサイクに変えるものではないのです。